2011年07月25日

幸福とは何だろう

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

近年、世界中で新たな幸福度指標づくりが試みられており、今後の政策や国のあり方を考える上で「幸福」が重要な鍵となっている。
現在、日本社会の幸福を巡る論点は、幸福と経済成長の関係、「個人の幸福」と「社会の幸福」の関係、そして「現代の幸福」と「将来の幸福」の関係だと考える。個人が幸福を実現するために必要な要件を備えた社会を「幸福社会」と呼ぶならば、その共通基盤を築くためにどのような政策が必要だろう。
本稿ではこれら3つの幸福度研究の論点を踏まえて、「幸福社会」への見取り図を考える。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【幸福とは何だろう】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

幸福とは何だろうのレポート Topへ