2011年07月25日

金融危機を経た米国銀行の個人年金・個人生命保険販売の状況

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

■目次
1--------米国銀行による個人年金・個人生命保険販売の位置付け
2--------米国銀行による個人年金・個人生命保険販売の特徴と変化
3--------さいごに わが国における銀行窓販との類似性

■introduction

わが国では2001年以来、段階を踏んで自由化されてきた銀行窓販(銀行による個人年金や生命保険等の販売)が定着した感がある。以下では、わが国に先行して90年代半ばから本格化した米銀の個人年金・個人生命保険販売の状況を見て、わが国銀行窓販の今後を考える上での参考としたい。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【金融危機を経た米国銀行の個人年金・個人生命保険販売の状況】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融危機を経た米国銀行の個人年金・個人生命保険販売の状況のレポート Topへ