2011年07月22日

第二次ギリシャ支援を巡るユーロ圏臨時首脳会議とEU銀行特別検査(ストレス・テスト)の評価

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 21日に開催された臨時ユーロ圏首脳会議でギリシャに対する公的支援1090億ユーロ、民間負担500億ユーロの第二次支援と危機の伝播に歯止めをかけるEFSFの強化策で合意した。支援の金利、返済期限はポルトガル、アイルランドも含めて緩和、EFSF増枠は見送られたが、予防的融資枠、国債流通市場への介入等の新機能が付加される。
  2. 15日公表の第3回のEUの銀行特別検査(ストレス・テスト)は不合格行8行、資本不足額25億ユーロという結果であった。残存期間別の国債保有額や民間部門向けの債権額などの開示データから伝播のリスクが確認できるようになった意味は大きい。
  3. 今回の首脳会議におけるギリシャ支援とEFSF強化に関する合意は、ギリシャ支援を巡る調整の難航で危機がイタリアに波及し、伝播のリスクを封じ込めなければ問題解決のコストが膨らみ続けるとの危機意識が共有された結果である。
  4. 今回の決定がただちに債務問題解決につながることはないが、危機拡大に歯止めをかける一定の効果は果たすだろう。



周辺国と高債務国と独仏の10年国債利回り
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【第二次ギリシャ支援を巡るユーロ圏臨時首脳会議とEU銀行特別検査(ストレス・テスト)の評価】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

第二次ギリシャ支援を巡るユーロ圏臨時首脳会議とEU銀行特別検査(ストレス・テスト)の評価のレポート Topへ