2011年07月08日

7月ECB政策理事会:25bpの追加利上げ/投機的格付けのポルトガル国債も担保としての受け入れを継続

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・予告どおり追加利上げへ。投機的格付けでもポルトガル国債の担保としての受け入れを継続
・不確実性は依然高いが景気回復基調は継続、インフレ・リスクは上振れとの判断を維持
・ロールオーバー案の決定は「政府の責任」、ECBの立場は「ノー・デフォルト」

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は7日に7月の政策理事会を開催、4月に続く25bpの追加利上げと投機的水準に格下げされたポルトガル国債の担保としての受け入れ継続を決めた。
今後の金融政策については、経済活動の基調はポジティブで、インフレ・リスクは上振れとの判断を維持、「金融政策スタンスは緩和的」との判断を示し、物価の上振れリスクを「とても注意深く監視する」姿勢を示していることから考えて、10~12月期に追加利上げとなる可能性が高いと言えよう。
現在協議中のギリシャ向けの第二次金融支援におけるロールオーバーの内容は「政府の責任」で決定すべきこととした上で、ロールオーバーの結果、格付けがデフォルトに引下げられた場合のギリシャ国債の担保としての取扱いについては明言を避け、特例措置を導入する可能性もあることが示唆された。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【7月ECB政策理事会:25bpの追加利上げ/投機的格付けのポルトガル国債も担保としての受け入れを継続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月ECB政策理事会:25bpの追加利上げ/投機的格付けのポルトガル国債も担保としての受け入れを継続のレポート Topへ