2011年07月01日

運用の評価頻度が高まれば株式投資が嫌になる(2)

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

MLA(近視眼的損失回避)が生じる要因は、意思決定の頻度ではなく、株価観察の頻度が影響するという。これに従えば、情報が多いほど望ましい意思決定ができるという考え方は誤りである可能性があり、また、運用担当者は株価下落に過剰に反応しないよう努める必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【運用の評価頻度が高まれば株式投資が嫌になる(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

運用の評価頻度が高まれば株式投資が嫌になる(2)のレポート Topへ