2011年06月01日

年金数理部会の指摘と今後の年金改革への影響

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

社会保障審議会年金数理部会が3月末に発表した公的年金の財政検証結果は、財政の安定性は一定程度評価できるとしながらも、様々な懸念事項を指摘した。中でも基礎年金の給付削減に関する指摘は、老後の基礎に関わっていると同時に、パート労働者などへの厚生年金の適用拡大や被用者年金の一元化など今後の改革議論との関連が深く、早急な検討開始が望まれる。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金数理部会の指摘と今後の年金改革への影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金数理部会の指摘と今後の年金改革への影響のレポート Topへ