2011年06月01日

会計保守主義の新潮流 - 二つの会計保守主義

  遅澤 秀一

年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

近年、米国では会計保守主義に関する実証研究が盛んに行われている。その保守主義とはBasu が提唱した条件付保守主義である。これは会計基準が資産をフェア・バリューで評価する方向に動いてきたのに伴う新しい保守主義で、会計利益が良いニュースよりも悪いニュースに早く反応するという非対称性に基づくものである。この条件付保守主義と従来の無条件保守主義について、両者の関係や今後の日本の動向も含めて簡単に解説する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【会計保守主義の新潮流 - 二つの会計保守主義】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

会計保守主義の新潮流 - 二つの会計保守主義のレポート Topへ