2011年05月25日

格差社会を考える

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

日本社会は70年代に「一億総中流社会」といわれたが、近年では多くの国民が格差社会であると思っている。社会が成熟すると様々な格差が発生するが、そこでは客観的な「違い」だけではなく、その「違い」が不平等や不公正に基づいていないか、「違い」の正当性が問われる。
本レポートでは「容認されない格差とは何か」、そしてその是正に向けてどう対応すればよいかを考える。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【格差社会を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

格差社会を考えるのレポート Topへ