2011年04月08日

4月ECB政策理事会:25bpの利上げを実施/ポルトガル、EU・IMFに支援を要請

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・事前予告通りの25bpの利上げ、今後については明言せず
・流動性供給は固定金利・金額無制限で継続
・アイルランドのストレステストを歓迎。依存症銀行のための新たな流動性供給方式の決定は見送り
・ポルトガルはEU・IMFの支援要請へ
・危機拡大の兆候はなく、ECBは静観

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は7日に4月の政策理事会を開催、先月、事実上予告した通り、政策金利を25bp引き上げ、1.25%とした。声明文は、先月に比べればトーンダウンしたが、利上げの余地があるとの認識とインフレ警戒を示す内容であった。当面、25bpずつ3カ月程度のペースで利上げが実施される可能性が高い。
金融政策と流動性供給は連動しないとの方針どおり、ECBは4~6月期も固定金利・金額無制限で流動性供給を継続することをすでに決めている。検討中のギリシャ、アイルランド、ポルトガルなどのECB資金への「依存症」に対する対策の公表は今月も見送られた。
トリシェ総裁は、ポルトガルに、EU・IMFへの支援要請を勧めたことを認めた。国債買い入れについてはコメントを避けたが、データからはECBが国債市場への介入を行わなかったことがわかる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【4月ECB政策理事会:25bpの利上げを実施/ポルトガル、EU・IMFに支援を要請】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月ECB政策理事会:25bpの利上げを実施/ポルトガル、EU・IMFに支援を要請のレポート Topへ