2011年03月25日

マクロ経済指標で金利予測は可能か?

  大山 篤之

文字サイズ

■目次

1--------金利の期間構造と景気循環
2--------イールドカーブの変動を説明する3つの要素
3--------マクロファイナンスモデル

■introduction

満期の異なる債券から構成されるイールドは、景気局面に応じて特徴的な形に変化する。このことからマクロ経済動向とイールド全体(金利の期間構造)を総合的に分析する手法(マクロファイナンスモデル)が数多く生み出されてきた。本レポートでは、マクロ経済動向を代表する経済指標を用いたイールド予測が本当に有効であるのか、金融危機以降のデータも含め、藤井・高岡(2007)を改良したモデル(以降、MFと呼ぶ)で検証する。

このレポートの関連カテゴリ

大山 篤之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【マクロ経済指標で金利予測は可能か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マクロ経済指標で金利予測は可能か?のレポート Topへ