2011年02月01日

手元資金の積み上がりに合理性はあるか

  新田 敬祐

文字サイズ

企業の手元資金が積み上がっている。株主にとってその行動が合理的であるためには、企業の成長性が高いことが十分条件となる。積み上がった余剰資金は、過剰投資を促す可能性もあるので、株主は自らの論点を明示し、その利用について企業との対話を進めるべきであろう。

このレポートの関連カテゴリ

新田 敬祐

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【手元資金の積み上がりに合理性はあるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

手元資金の積み上がりに合理性はあるかのレポート Topへ