2011年01月24日

包括的金融緩和下における年金資産の運用

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

日本銀行による包括的な金融緩和政策の導入もあって、各資産クラスの期待収益率は低下せざるを得ない。
この環境が長期間継続するという前提に立つならば、基本ポートフォリオの組立て方を見直し、将来の給付を賄う国内債券と、リスクを取ってリターン向上を図るそれ以外の資産とを、意識して区分したアロケーションを行うべきである。
そして、運用の中核となる国内債券に関しては、従来の発想ではない新しい観点からの取組みが必要となる。

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【包括的金融緩和下における年金資産の運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

包括的金融緩和下における年金資産の運用のレポート Topへ