2011年01月14日

2011年前半はユーロ危機拡大阻止の正念場

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. アイルランド支援のための欧州金融安定メカニズム(EFSM)と欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の資金調達は順調に進みつつあり、ポルトガル、スペインは今年最初の中長期国債の入札を乗り切った。
  2. 財政危機拡大への不安は根強いが、当面は、EFSFの規模と機能の拡大に関する1月17日のユーロ圏財務相会合での議論が注目されよう。EFSFの国債購入が可能になれば、スペインなど大国への財政危機の伝播に歯止めをかける効果が期待されよう。
  3. 2011年はユーロ危機の克服と再発防止のためのEUの経済ガバナンスを立ち上げる年である。3月の首脳会議での決着を目指す欧州安定メカニズム(ESM)を巡る議論は引き続き注目される。新たに導入した「ヨーロピアン・セメスター」による財政再建と成長戦略実現のための構造改革との一体監視制度、新たな金融監督体制の下でのストレステストなどでは、信用回復に資する成果を挙げることが求められる。
  4. 危機対応、再発防止策の成果が問われる場面が続く2011年前半はユーロ危機拡大阻止の正念場と言えよう。




ユーロ周辺国、高債務国、独仏の10年国債利回り
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2011年前半はユーロ危機拡大阻止の正念場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2011年前半はユーロ危機拡大阻止の正念場のレポート Topへ