2011年01月04日

平常時と危機時を明確に区分したリスク管理

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

政策アセットミックスの決定に際しては複数のツールが活用される。漫然と複数のツールを利用するのではなく、『平常時』と『異常時』のリスクを明確に区分しツールを使い分けることは、危機管理を考慮した適切な意思決定を行う上で重要ではないだろうか。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【平常時と危機時を明確に区分したリスク管理】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

平常時と危機時を明確に区分したリスク管理のレポート Topへ