2010年12月24日

高齢単独世帯の居住実態

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

本稿では、急増する高齢単独世帯に焦点を当て、平成20年住宅・土地統計調査をもとに、高齢単独世帯の居住状況とその特徴を、主に高齢者世帯全体との比較から分析した。
高齢単独世帯は、高齢者世帯全体と比べ、後期高齢者世帯比率が高く、女性比率が高く、持家一戸建て居住比率が低く、住宅の延べ面積が狭いなど、これまで統計では明らかではなかった居住状況の特徴が明らかとなった。

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【高齢単独世帯の居住実態】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢単独世帯の居住実態のレポート Topへ