2010年12月01日

個人向け国債の新商品、3年固定利付債の動向(2)

金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   千田 英明

文字サイズ

前回は、個人向け国債の新商品、3年固定利付債の販売動向が、金利低下の影響もあり、あまり順調でない状況を紹介した。今回は、個人向け国債の残存率(現存率/発行額)を分析することにより、将来、3年固定利付債が個人投資家の国債保有占率に、ある程度貢献すると考えられる状況を紹介する。

このレポートの関連カテゴリ

70_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

千田 英明 (ちだ ひであき)

研究・専門分野
運用手法開発(国内債券)、証券化商品

レポート

アクセスランキング

【個人向け国債の新商品、3年固定利付債の動向(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

個人向け国債の新商品、3年固定利付債の動向(2)のレポート Topへ