2010年11月09日

10月マネー統計:投資信託が3カ月連続の前年割れ

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 都銀のマイナス幅が拡大
・主要銀行貸出動向アンケート調査: 資金需要減少に歯止めはかかっていない
・マネタリーベース: 今後も高水準を維持する見通し
・マネーストック: 投資信託が3カ月連続の前年割れ

■introduction

日銀が発表した貸出・資金吸収動向等によると、10月の銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は▲2.0%と、前月の▲1.8%からややマイナス幅が拡大し、11ヶ月連続の前年割れとなった。ここ数ヶ月は▲2%前後での推移が続いている。
内訳では、地銀(第2地銀含む)が前年比0.4%増とかろうじてプラスを維持している一方、都銀等は同▲4.3%とマイナス幅が拡大、貸出残高が未だ下げ止まっていない。引き続き企業の資金需要低迷が響いている(図表1~4)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月マネー統計:投資信託が3カ月連続の前年割れ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月マネー統計:投資信託が3カ月連続の前年割れのレポート Topへ