2010年10月28日

日銀展望レポート(10/28):CPIプラスの領域に入るのは11年度中、ゼロ金利長期間を示唆

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・5兆円規模の基金詳細を発表、社債は「BBB格」以上、CPは「a-2格」も対象
・展望レポート : 緩やかな回復シナリオは維持、CPIプラスの領域に入るのは11年度中

■introduction

10月28日の決定会合で5日の金融政策決定会合で打ち出した5兆円規模の基金について詳細を公表した。各種資産の買い入れ規模を、長期国債と国庫短期証券で合計3.5兆円程度(うち長期国債1.5兆円)、CPや社債などが計1兆円程度、ETFやJ-REITは5000億円程度とし、社債やCPの買入条件については、過去に日銀が実施した時よりも基準を引き下げ、社債は「BBB格」以上、CPは「a-2格」も対象とした。
ETFやJ-REITの買い取りを早期に始めるために次回会合を当初予定していた11月15~16日から同月4~5日に前倒すると公表した(11月2~3日にはFOMC開催が予定されている)。
今回の内容は、ほぼ市場の予想通り(長期国債の買入れが1.5兆円は少し少額な気はするが、)で効果も限定的との評価になるだろう。今後も追加緩和の流れが続くと予想されるが、日銀の対応としては買取資産の拡大、買取枠拡大といった流れになっていくと思われる。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀展望レポート(10/28):CPIプラスの領域に入るのは11年度中、ゼロ金利長期間を示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀展望レポート(10/28):CPIプラスの領域に入るのは11年度中、ゼロ金利長期間を示唆のレポート Topへ