2010年10月25日

韓国における年金制度と最近の動向

生活研究部 准主任研究員   金 明中

文字サイズ

韓国における代表的な公的年金制度である国民年金制度は1988年に導入されてから、今年で22年目を迎えている。2008年から完全老齢年金が支給されているものの、まだその恩恵を受けている高齢者は少ない。
韓国政府は一定水準以下の高齢者の所得を保証するために2008年から「基礎老齢年金」という公的扶助性格の補完年金制度を導入・実施している。今後ベビーブーム世代の退職や少子高齢化の進行に対して韓国政府がどのような年金制度の改革を行うのかが注目されるところである。

このレポートの関連カテゴリ

32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【韓国における年金制度と最近の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国における年金制度と最近の動向のレポート Topへ