2010年10月25日

注目される国勢調査の結果

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

■目次

1--------国勢調査の意義
2--------注目されるポイント
3--------課題

■introduction

100歳以上の高齢者の所在不明問題が記憶に新しい中、9月下旬から10月上旬にかけて国勢調査が実施された。国勢調査は、外国人を含む日本国内に居住するすべての人及び世帯を対象として実施される調査である。国勢調査の結果は、行政運営の基盤となる情報として、衆議院小選挙区の画定、地方交付税の算定、過疎地域の要件など、多くの法令でその利用が規定されている。
それと同時に、国勢調査の結果は、政府などが行う各種統計調査の基礎として利用されている。
国勢調査は対象者全員を調査する全数調査であるが、労働力調査や家計調査など各種調査のほとんどは、対象者の一部のみを調査する標本調査である。標本調査は全数調査と比べて費用や時間が少なくて済むが、一部しか調査していないため誤差(標本誤差)が生じてしまう。この誤差を小さくするために、標本調査を設計する際の基礎として国勢調査が用いられている。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【注目される国勢調査の結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

注目される国勢調査の結果のレポート Topへ