2010年10月25日

中国経済:中国の利上げと国際金融のトリレンマ

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

■見出し

・経済成長率は緩やかに減速
・原油価格上昇でインフレ懸念は残る
・中国の利上げと国際金融のトリレンマ

■introduction

10月21日に中国国家統計局が発表したデータによると、2010年累計(1-9月期)の国内総生産(GDP)は26兆8,660億元で、実質で前年同期比10.6%増となり、昨年通期の9.1%増を1.5%ポイント上回った。需要項目別の内訳は最終消費が3.6%ポイント、総資本形成が6.3%ポイント、純輸出が0.7%ポイントで、依然として投資主導色が強く、消費は底堅いが依然低位で、投資から消費へのエンジン切替えの進展には停滞感がある。また、昨年大幅マイナスの純輸出はプラス寄与に転じている。
他方、図表-1に示した第3四半期(7-9月期)の国内総生産は、実質で前年同期比9.6%増と、第2四半期の同10.3%増と比べて0.7%ポイント低下、4四半期ぶりに伸び率が1桁となり、緩やかな減速傾向が続いた。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:中国の利上げと国際金融のトリレンマ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:中国の利上げと国際金融のトリレンマのレポート Topへ