2010年10月22日

4年間で10兆円の歳出削減に挑むイギリス

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 財政再建を標榜して発足したキャメロン政権が6月の緊縮予算案で示した中期財政再建計画の具体策となる「歳出レビュー2010」を10月20日に公表した。2014年までの4年間で累計約810億ポンド(約10兆円)の歳出削減に挑むことになる。
  2. 期間中、福祉支出を総額180億ポンド削減するほか、年金支給開始年齢を2020年までに65歳から66歳に引き上げる方針も示された。各省庁の歳出限度額は「国家の最優先事項(オズボーン財務相)」である医療、教育、国防と対外援助などを除き、6月の緊急予算案で示された25%前後削減する。
  3. 福祉支出の削減が最貧困層に及ぼす影響のほか、49万人にのぼる公務員の人員削減の影響も懸念されている。産業界は前向きな評価の一方、景気への影響を懸念する声がある。
  4. 緊縮財政政策が回復力の弱い経済に及ぼす影響は金融政策の運営にとっても悩ましい材料であり、BOEは財政緊縮による景気の下振れに対処できるよう、当面の間、量的緩和拡大の選択肢を確保しておくだろう。
38966_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【4年間で10兆円の歳出削減に挑むイギリス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4年間で10兆円の歳出削減に挑むイギリスのレポート Topへ