2010年10月08日

10月BOE金融政策委員会:利上げも追加の量的緩和も見送り

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は18カ月連続、資産買い取り残高は10カ月連続で据え置き
・資産買い取り枠増枠の選択肢も留保

■introduction

イングランド銀行(BOE)は6日、7日に開催した10月の金融政策委員会(MPC)で政策金利の0.5%での据え置きと資産買い取り(量的緩和)残高の2000億ポンドでの維持を決めた。
6月以降、MPCでは、利上げに1票投じられているが支持は広がっておらず、9月の議事録からは委員の大半が物価の上振れと下振れリスクに備えるべきで、追加措置が必要となる可能性が高まっていると考えている委員も何人かいることがわかる。
次回11月のMPCは四半期に一度の「インフレ報告」の公表と重なる政策変更の頻度が高い月だが、様子見姿勢は変わらない可能性が高いように思われる。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【10月BOE金融政策委員会:利上げも追加の量的緩和も見送り】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月BOE金融政策委員会:利上げも追加の量的緩和も見送りのレポート Topへ