2010年09月08日

8月マネー統計:投資信託の伸びが失速し始める

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 大・中堅企業向けの減少幅が拡大傾向
・マネタリーベース: 高水準の資金供給が続く
・マネーストック: 投資信託の伸びが失速

■introduction

日銀が発表した貸出・資金吸収動向等によると、8月の銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は▲2.1%と、9ヶ月連続の前年割れとなった(前月は同▲1.9%)。地銀(第2地銀含む)はわずかながら増加(前年比0.2%増)しているが、都銀等(同▲3.9%)では大幅なマイナスが続いている。
7月段階の貸出先で見ると、企業規模を問わず減少が続いているが、特に大・中堅企業向け(同▲7.2%)の減少幅拡大に歯止めがかかっていない(図表1~5)。
日銀による「成長基盤強化を支援するための資金供給」(研究開発や環境などの分野への投融資に取り組む金融機関に対して、日銀が年0.1%の低利で資金を供給するもの)の第一回目が今月実施され、4625億円の資金供給が行われた。
今回対象となったのは、47金融機関の投融資1342件4788億円。1件当り平均金額は3.6億円、平均期間は8.2年であった。対象投融資の分野別状況は図表6のとおり。環境・エネルギー分野(1124億円)が最大で、以下、日銀例示の18分野以外(975億円)、社会インフラ(554億円)と続いている。今後も3カ月に1回の頻度で新規資金供給が行われる予定であり、銀行貸出残高を押し上げることになるが、これだけでは力不足(この一年で銀行貸出は▲8兆円)。日銀が期待するように、この制度が「呼び水」となれるのかどうかがカギとなる。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【8月マネー統計:投資信託の伸びが失速し始める】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月マネー統計:投資信託の伸びが失速し始めるのレポート Topへ