2010年08月25日

新成長戦略のゆくえ

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

■目次

1--------新成長戦略・・・7つの戦略分野
2--------需要と雇用の創出に力点置く

■introduction

「新成長戦略」の内容を簡略に振り返りたい。2009年12月末に発表された「新成長戦略」の基本方針の最終内容が2010年6月18日に閣議決定、発表された。
発表文書は本文部分と別表の「成長戦略実行計画(工程表)」で80ページを超える。内容は、経済・財政・社会保障の一体的建て直しを目標とした7つの戦略分野と優先する21の国家戦略プロジェクトが選ばれている。山積する社会的な課題解決策を組み込み、工程表と目標数値の発表は評価される点であろう。
他方、6月22日に閣議決定された「財政運営戦略」は、財政健全化の具体策が見えにくく、その財政的な裏づけについては、現在も課題のままである。そのため、「新成長戦略」と「財政運営戦略」を相互補完関係にあるものとして一体的に推進するには困難が伴いそうだ。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【新成長戦略のゆくえ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新成長戦略のゆくえのレポート Topへ