2010年08月16日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.1%(年率0.4%)~3四半期連続プラス成長も内外需ともに急減速

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 2010年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比0.1%(前期比年率0.4%)と3四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測7月30日:前期比0.8%、年率3.4%)。
  2. 設備投資は3四半期連続で増加したが、これまで高い伸びを続けてきた民間消費が前期比0.0%と横ばいにとどまり、公的固定資本形成の減少幅が拡大したことなどから、国内需要は前期比▲0.2%と3四半期ぶりの減少となった。
  3. 外需は引き続き成長率を押し上げたものの、輸出の伸びが低下する一方、輸入の伸びが高まったため、寄与度は1-3月期の前期比0.6%から同0.3%へと縮小した。この結果、プラス成長はかろうじて確保したものの、成長率は1-3月期の前期比1.1%(年率4.4%)から急低下した。
  4. 先行きは、海外経済の回復ペース鈍化に伴い輸出のさらなる減速が見込まれるため、外需の押し上げ幅は一段と縮小することが見込まれる。ただし、7-9月期は、子ども手当の支給(支給開始は6月)によって家計の可処分所得が押し上げられること、エコカー補助金終了(9月末)、たばこ値上げ(10月~)前の駆け込み需要が生じることによって、個人消費が高めの伸びとなることが見込まれるため、4-6月期に比べれば成長率は高まることが予想される。
38874_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.1%(年率0.4%)~3四半期連続プラス成長も内外需ともに急減速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.1%(年率0.4%)~3四半期連続プラス成長も内外需ともに急減速のレポート Topへ