2010年08月02日

新しい債券運用の考え方

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

低金利が長期化し、債券のアクティブ運用による超過収益への期待可能性が減少している中、企業年金における国内債の運用について見直しが必要なのではないか。なぜアクティブ運用を行うのか、基本ポートフォリオの組み方から再検討することも考えるべきだろう。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【新しい債券運用の考え方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新しい債券運用の考え方のレポート Topへ