2010年07月30日

2010年4-6月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.4%)を予測

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 8/16に内閣府から公表される2010年4-6月期の実質GDPは、前期比0.8%(前期比年率3.4%)と5四半期連続のプラス成長になったと推計される。
  2. 政策効果一巡に伴い民間消費が前期比▲0.1%と5四半期ぶりに減少したことなどから、国内需要は前期比横ばいにとどまったが、外需が引き続き成長率を大きく押し上げたため、1%以下とされる潜在成長率を大きく上回る成長を確保したものとみられる。実質GDP成長率への寄与度は、国内需要が0.0%(うち民需0.0%、公需0.0%)、外需が0.8%と予測する。
  3. 2009年度後半は内外需揃った高成長となったが、2010年4-6月期は外需中心の成長に逆戻りする形となった。ただし、輸出回復の恩恵が国内部門に徐々に波及するという流れ自体は継続していると考えられる。自律回復までにはかなりの時間を要するものの、企業部門を中心に回復の動きが今後明確化していく可能性が高い。
  4. 名目GDPは前期比▲0.3%(前期比年率▲1.3%)と3四半期ぶりの減少を予測する。GDPデフレーターは前年比では▲2.2%と1-3月期の▲2.8%から下落幅が縮小するが、前期比では1-3月期の0.1%から▲1.1%へとマイナスに転じるだろう。
38849_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2010年4-6月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.4%)を予測】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2010年4-6月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.4%)を予測のレポート Topへ