2010年07月27日

EUのストレステスト:想定甘いとの批判はあるが、前回比では透明性が格段に向上

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・資本不足行は対象91行中7行
・ストレス・シナリオの想定や国債のリスクの取扱い、自己資本の基準には批判も
・第1回のストレステストに比べて大きく前進
・但し、財政と経済構造に問題を抱える事実は変らず、域内スプレッド縮小、ユーロ持ち直しも限定的

■introduction

7月23日に公表されたEUのストレステストは、対象91行のうち7行が不合格で資本不足額は35億ユーロという事前観測を下回る結果に終わった。
2009年5月の米国のストレステスト結果後と同様に、「ストレス・シナリオ」の甘さが指摘されているほか、国債のデフォルト・リスクを想定外としたことや、充足すべき自己資本の基準に対する批判などはある。それでも第1回のテストに比べると内容は大きく改善しており、金融システムへの不安の緩和、透明性の向上にある程度寄与するものと評価できよう。
但し、ストレステストの結果は、財政や経済構造に問題を抱える事実を変えるものではないため、市場の反発力は限定的なものに留まるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【EUのストレステスト:想定甘いとの批判はあるが、前回比では透明性が格段に向上】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUのストレステスト:想定甘いとの批判はあるが、前回比では透明性が格段に向上のレポート Topへ