2010年07月09日

7月ECB政策理事会:金融政策は現状維持。ストレステストの結果は23日公表へ

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は据え置き、流動性供給についても新たな決定はなし
・カバード・ボンド買い入れプログラムは終了、4422億ユーロの1年物資金も償還
・ストレステストについて踏み込んだ発言はなし

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は8日に政策理事会を開催、政策金利の据え置きを決め、流動性供給についての新たな決定は見送った。経済・インフレ・リスクの判断は据え置かれ、経済の現状は「一部の投資家が考えているほど悲観的ではない」との見方が示された。
前回理事会以降、6月末に期限を迎えたカバード・ボンド買い入れプログラムは終了し、7月1日の1年物資金供給の満期日は、3カ月物、6日物の金額無制限・固定金利の資金供給で対応が図られた。
質疑応答は、足もとのインターバンク金利の上昇傾向と7月23日の公表が決まった「ストレステスト」に集中した。「ストレステスト」に関してはCEBS(欧州銀行監督者委員会)が7日公表した内容以上の詳細に踏み込まず、「資本増強が必要な場合には適切な行動がとられることを期待している」とした。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【7月ECB政策理事会:金融政策は現状維持。ストレステストの結果は23日公表へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月ECB政策理事会:金融政策は現状維持。ストレステストの結果は23日公表へのレポート Topへ