2010年07月01日

年金における配当指数の利用可能性を考える(2)

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

前回紹介した日経平均・配当指数およびTOPIX 配当指数等の先物が7月26日に東証に上場される。今回は、日本に先行して2008年6月に導入されたユーロSTOXX50配当指数先物の価格変動特性を分析し、日経平均・配当指数先物等の年金基金での利用可能性を考える。

このレポートの関連カテゴリ

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【年金における配当指数の利用可能性を考える(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金における配当指数の利用可能性を考える(2)のレポート Topへ