2010年07月01日

中国人宿泊者数の動向 -ビザ発行要件緩和で高まる宿泊需要

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

■見出し

1. はじめに
2. 増加する訪日中国人数
3. 存在感を増す中国人宿泊客
4. おわりに
参考図表

■introduction

本日、2010年7月1日より、中国人の個人観光客に対する査証(ビザ)発行要件が大幅に緩和されることとなった。今回の要件緩和により、ビザの発給対象は、これまでの10倍の約1,600万世帯へと増加すると推計されている。これにより、今後、中国人旅行客の大幅増加が期待されている。
本稿では、先日、公表された観光庁「宿泊旅行統計(平成22年1月~3月分)」を基に、中国人宿泊客数の最近の動向を取りまとめる。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【中国人宿泊者数の動向 -ビザ発行要件緩和で高まる宿泊需要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国人宿泊者数の動向 -ビザ発行要件緩和で高まる宿泊需要のレポート Topへ