2010年06月11日

6月ECB政策理事会:証券市場プログラムの詳細は明かさず

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は据え置き、潤沢な流動性供給を継続
・証券市場プログラムの詳細は明かさず
・経済は緩やかな回復持続も不確実性が非常に高い

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は10日に政策理事会を開催、政策金利の据え置きのほか、7~9月期の3カ月物資金供給も固定金利・金額無制限で行なうことを決めた。
質疑応答は、先月6日に開催された前回理事会後の記者会見で「議論していない」としながら10日に一転して導入した債券市場への介入(「証券市場プログラム」)への質問が集中したが、週次で開示している買い入れ総額以外は明らかにしないとの立場を貫いた。
四半期に1度のスタッフ経済見通しでは、2010年の成長率は上方修正されたが、2011年は下方修正し、不確実性の高さも強調された。ECBの政策金利の据え置き期間は長期化、非標準的手段の収束も市場の動きを見極めながら、慎重に進めるものと思われる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【6月ECB政策理事会:証券市場プログラムの詳細は明かさず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

6月ECB政策理事会:証券市場プログラムの詳細は明かさずのレポート Topへ