2010年06月01日

国債の大量発行と一般債への影響

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

証券市場 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

民主党政権下で、国債の発行額が大幅に増加している。自民党政権のツケも残っていたのであるが、景気悪化に対応した様々な施策の影響も大きい。財政プレミアムの拡大による「悪い金利上昇」は、国債以外の一般債についても、需給関係に悪影響を及ぼしかねない。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【国債の大量発行と一般債への影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国債の大量発行と一般債への影響のレポート Topへ