2010年06月01日

年金における配当指数の利用可能性を考える(1)

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

日本ではあまり聞きなれないが、『配当指数』が算出開始された。名前の通り、株式投資から得られる配当金を一定のルールで指数化したものだ。同指数の先物の上場も予定されており、配当リスクのヘッジや収益機会の拡大など年金基金にとって有効な投資対象となり得る。今回から2回に分けて、配当指数および、そのリスク・リターン特性などを紹介する。

このレポートの関連カテゴリ

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【年金における配当指数の利用可能性を考える(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金における配当指数の利用可能性を考える(1)のレポート Topへ