2010年06月01日

アセットクラスの再考とポートフォリオのあり方

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

リーマンショックによって年金ポートフォリオは大きな痛手を被った。各国の株式市場が一斉に急落したため、分散投資効果が働かなかったとの声がある。しかし、年金ポートフォリオの最大の欠陥は分散投資のあり方ではなく、ベンチマークをほぼ忠実に追随することにある。ベンチマークへの追随をある程度放棄したうえで、アセットクラスを適切に選択し、長期的にベンチマークを上回るパフォーマンスの追求が必要な投資戦略となろう。

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【アセットクラスの再考とポートフォリオのあり方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アセットクラスの再考とポートフォリオのあり方のレポート Topへ