2010年05月27日

4月米住宅販売は予想以上の急増~減税期限前の駆け込み需要が主因

  土肥原 晋

文字サイズ

■見出し

・4月中古住宅販売戸数は、年率577万戸に急増~在庫が再び高水準に:中古住宅販売の動向
・4月新築住宅販売は、駆け込み需要増で2年ぶりの水準に:新築住宅販売の動向

■introduction

米国の4月住宅販売は、中古・新築一戸建てともに、住宅購入者向け税控除等の期限(4月末)を前にした駆け込み需要により急伸した。高水準の購入余裕度指数に見られるように、低金利、住宅価格低下、景気回復、等の動きも背景にある。ただし、4月末の住宅減税期限後の状況については、失業率の高止まり等のマイナス要因もあり、不透明感は拭えない。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【4月米住宅販売は予想以上の急増~減税期限前の駆け込み需要が主因】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月米住宅販売は予想以上の急増~減税期限前の駆け込み需要が主因のレポート Topへ