2010年05月21日

5月日銀決定会合:景気判断を回復に上方修正、成長基盤強化を支援するための資金供給の骨子素案

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・景気判断を上方修正 :持ち直し ⇒ 回復
・成長分野への供給手段 : 融資制度の骨子を発表

■introduction

日銀は20・21日の政策決定会合で、政策金利の誘導目標を0.1%前後に据え置くことを全員一致で決定した。
景気の現状判断について「海外経済の改善を起点として緩やかに回復しつつある」とし、これまでの「持ち直しを続けている」から判断を上方修正した。
個別項目では。設備投資については「持ち直しに転じつつある」とし、4月の「下げ止まっている」から上方修正。個人消費は「耐久消費財を中心に持ち直している」と先月と同じ判断となったが、4月の「厳しい雇用・所得環境が続いている」との文言がなくなった。
20日発表の1-3月GDPでも示されているように設備投資が2四半期連続で増加し企業部門の改善傾向が明確になるとともに、家計部門にも明るさが見え始めている。今回の上方修正も日銀が4月末に示した展望レポートのシナリオどおりとの見方だと思われる。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月日銀決定会合:景気判断を回復に上方修正、成長基盤強化を支援するための資金供給の骨子素案】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月日銀決定会合:景気判断を回復に上方修正、成長基盤強化を支援するための資金供給の骨子素案のレポート Topへ