2010年04月26日

オフィスREITの収益ボトムラインを考察する

金融研究部 主任研究員   岩佐 浩人

文字サイズ

オフィス市況の低迷が長期化し、オフィスREIT(不動産投資信託)の収益変動リスクが高まっている。
そこで、ニッセイ基礎研究所の賃料推計モデルを用いてオフィスREITの収益ボトムラインを推定すると、厳しい市況下でも不動産収益の安定性維持が期待できる結果となった。
しかし、J-REITの商品性や不動産市場インフラとしての役割を考えると、不動産サイクルを見据えた財務運営のあり方など議論を深める必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

69_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

岩佐 浩人 (いわさ ひろと)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【オフィスREITの収益ボトムラインを考察する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オフィスREITの収益ボトムラインを考察するのレポート Topへ