2010年04月16日

総選挙を控えたイギリス~経済・雇用情勢とマニフェスト~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 5月6日に実施されるイギリスの総選挙の争点は金融危機で大きなダメージを受けた経済と財政の立て直しである。
  2. イギリス経済は、主要先進国で最長の6四半期にわたる連続マイナス成長をようやく脱し、雇用情勢にも薄日が射している。しかし、資産価格の下落によるバランス・シート調整の圧力だけでなく、雇用・所得面からも個人消費の力強い回復は期待しづらく、GDPがピークの水準を回復するまでには時間を要しそうだ。
  3. マニフェストによれば、二大政党の間では景気優先の与党・労働党、財政再建優先の最大野党・保守党と財政再建のタイミングやその手法に違いがある。金融監督・規制強化のアプローチやEUとの関係についても温度差がある。
  4. 世論調査によれば2008年のピーク時には20%ポイント以上開いていた保守党のリードは、労働党の持ち直しや第3党の自由民主党への支持拡大で1桁台に縮小している。二大政党ともに「経済再生戦略」を描き切れておらず、1974年以来の「ハングパーラメント(どの政党も過半数の議席を持たない状況)」となる可能性は依然高い状況だ。
38694_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【総選挙を控えたイギリス~経済・雇用情勢とマニフェスト~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

総選挙を控えたイギリス~経済・雇用情勢とマニフェスト~のレポート Topへ