2010年04月07日

4月日銀決定会合:景気判断を先月より一歩進める

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・景気判断を上方修正 「持ち直している」 ⇒ 「持ち直しを続けている」
・4/30日の展望レポートも上方修正へ

■introduction

日銀は6・7日の政策決定会合で、政策金利の誘導目標を0.1%前後に据え置くことを全員一致で決定した。
景気の現状判断については、「海外経済の改善や各種対策の効果などから、持ち直しを続けている」と、先月(3月)の「内外における各種対策の効果などから持ち直している」と若干の修正を行った。白川総裁は会見で「国内民間需要の自律的回復力はなお弱いが、景気持ち直しの持続傾向がより明らかになってきたことを踏まえて、先月から一歩判断を進めた」と述べている。
判断を一歩進めた理由として、総裁は会見で、「第一点は景気の持ち直しの持続性が明確になってきた。ひところ言われた二番底懸念はかなり薄れた。二つ目に、個別の需要項目で、設備投資の判断は、従来のおおむね下げ止まりから、一歩進めて下げ止まりという表現にした。先行きの自律回復の芽というか萌芽もいくつかみられた」などを指摘している。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【4月日銀決定会合:景気判断を先月より一歩進める】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月日銀決定会合:景気判断を先月より一歩進めるのレポート Topへ