2010年03月26日

米国の高齢者団体AARPの概要とAARPが介在する金融保険商品の販売

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

4,000万人の会員数を誇る世界最大規模の高齢者団体であるAARPは、NPO(非営利団体)的な顔と商業事業者的な顔をあわせ持っており、事業者的な側面では、膨大な数の会員に各種の商品・サービスを推奨し、推奨対象となった商品・サービスの提供事業者から手数料を受け取っている。
AARPを介在した金融保険商品の販売は、高齢者を対象とする金融保険商品の販売に多くの示唆を与えてくれる。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米国の高齢者団体AARPの概要とAARPが介在する金融保険商品の販売】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国の高齢者団体AARPの概要とAARPが介在する金融保険商品の販売のレポート Topへ