2010年02月24日

成長戦略としてのカーボン・イノベーション

  川村 雅彦

文字サイズ

COP15では地球の平均気温上昇を産業革命以前から+2℃に抑えることを確認した。2050年までに先進国は80%以上のCO2削減を意味する。
この時代の変化のなかで、従来型のビジネスモデルや事業ポートフォリオの「改善」では、日本企業は国際競争力を維持できない可能性が高い。「低炭素経済」を見据えたカーボン・イノベーションが不可欠である。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【成長戦略としてのカーボン・イノベーション】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

成長戦略としてのカーボン・イノベーションのレポート Topへ