2010年02月24日

社会貢献が生み出す新たな企業価値

  柄田 明美

文字サイズ

■目次

1--------企業の社会貢献活動の実績-2008年度の経団連の調査結果から
2--------CSR戦略としてのコーズマーケティング
3--------コーズマーケティングの事例
4--------現状の課題と今後への期待

■introduction

2009年12月、(社)日本経済団体連合会社会貢献推進委員会・1%クラブの「2008年度社会貢献活動実績調査結果」が公表された。
2008年後半からの厳しい経済情勢が企業の社会貢献に及ぼした影響が注目されていたが、2008年度の社会貢献活動の一社あたりの平均支出額は4億6,500万円であった。07年度の4億6,800万円から若干の減少に留まり、06年度から3年度続いて4億5,000万円以上を維持していることになる。
また、1%クラブで同時に実施した「社会貢献に関する意識調査」(3年ごとに実施)では、2008年秋以降の経済情勢が社会貢献活動に与えた影響を尋ねている。「縮小・削減する方向で見直し」は全体の36%、「見直しは考えていない」が52%、「充実する方向で見直し」が12%と、企業を取り巻く厳しい経済情勢が、必ずしも社会貢献活動の縮小・削減につながるわけではないという結果になっている。

このレポートの関連カテゴリ

柄田 明美

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【社会貢献が生み出す新たな企業価値】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社会貢献が生み出す新たな企業価値のレポート Topへ