2010年02月18日

2月日銀決定会合:現状維持、インフレターゲット導入には否定的、国債買入増額は慎重

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・全員一致での現状維持、景気判断も先月と同じ
・総裁会見 : インフレターゲット導入には否定的、国債買入増額は慎重

■introduction

日銀は17・18日開いた金融政策決定会合で、政策金利の誘導目標を0.1%前後に据え置くことを全員一致で決定した。景気の現状について「国内民間需要の自律的回復力はなお弱いものの、内外における各種対策の効果などから持ち直している」との判断を維持した。
先行きの判断についても「2010年度半ば頃までは、わが国経済の持ち直しのペースは緩やかなものに止まる可能性が高い。その後は、輸出を起点とする企業部門の好転が家計部門に波及してくるとみられるため、わが国の成長率も徐々に高まってくるとみられる」と先月の判断を維持している。
その上で金融政策運営については、「きわめて緩和的な金融環境を維持していく」とこちらも先月同様の方針が示されている。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【2月日銀決定会合:現状維持、インフレターゲット導入には否定的、国債買入増額は慎重】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2月日銀決定会合:現状維持、インフレターゲット導入には否定的、国債買入増額は慎重のレポート Topへ