2010年02月08日

1月マネー動向:貸出低迷が鮮明に

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 貸出低迷が鮮明に
・マネタリーベース: 追加緩和を背景に高い伸び率が続く
・マネーストック: 通貨供給量の伸びは引き続き高水準

■introduction

日銀の貸出・資金吸収動向等によると、1月の銀行総貸出(平残)の前年同月比伸び率は▲1.7%と4年ぶりの前年割れとなった12月(同▲1.2%)に続きマイナスとなった。貸出低迷が鮮明になっている。
都銀等では同▲3.4%(前月は▲3.1%)とマイナス幅がさらに拡大した。比較対象である09年1月はリーマン・ショック後の金融市場の混乱に伴う貸出の急増が生じていた時期であり、その反動が出ているというテクニカルな面もあるが、企業の設備・運転資金の需要低迷により、銀行貸出残高自体が弱めに推移しているという要素も否めない(図表1~4)。
企業の倒産、資金繰りの状況を見ると、貸出はしばらく弱めの動きとなりそうだ(図表5~8)。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【1月マネー動向:貸出低迷が鮮明に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月マネー動向:貸出低迷が鮮明にのレポート Topへ