2010年01月25日

低格付け社債市場の活性化に向けて

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

リーマン・ショックによる金融危機から1年が経過しても、低格付け社債市場は、その機能を十分には回復していない。
この背景には、日本の社債市場における構造的な課題が複数存在している。低格付け社債市場が、再び、企業金融の場として有効に活用されることを目指し、情報開示・社債管理者・財務上の特約・格付け等必要と思われる諸施策について提言する。

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【低格付け社債市場の活性化に向けて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

低格付け社債市場の活性化に向けてのレポート Topへ