2010年01月25日

高齢者向け生命保険実務について

保険研究部 上席研究員   小林 雅史

文字サイズ

生保会社は、1992年から「指定代理請求制度」を導入、被保険者が、がん不告知・余命不告知・意思能力喪失等により保険金等を受け取れないケースに備えているが、高齢化社会の一層の進展の中で、加齢等による意思能力喪失のケースに保険制度上対応する点でその重要性は増してきており、今後、各生保会社の制度面・実務面での創意工夫が望まれる。

81_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員

小林 雅史 (こばやし まさし)

研究・専門分野
保険法・保険業法、英国の約款規制・募集規制等、代理店制度・保険仲立人制度

レポート

アクセスランキング

【高齢者向け生命保険実務について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者向け生命保険実務についてのレポート Topへ