2010年01月04日

TOPIXの浮動株比率定期見直しと株価の関係

  磐城 裕子

文字サイズ

TOPIXが浮動株指数へ移行されてから、3年以上が経過した。移行時や移行直後の浮動株比率定期見直し時には、それに伴うウェイト変更を意識した動きが、株価に見られた。そこで、これまで4回の定期見直しを振り返り、リーマン・ショックや世界同時不況など市場が大きく変化した後も、引き続き株価に影響を及ぼしているのかを分析した。

このレポートの関連カテゴリ

磐城 裕子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【TOPIXの浮動株比率定期見直しと株価の関係】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

TOPIXの浮動株比率定期見直しと株価の関係のレポート Topへ