2009年12月11日

12月BOE金融政策委員会:政策金利据え置き、量的緩和を継続

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は据え置き、量的緩和を継続
・次回の政策変更は2月、資産買い入れの増枠は見送りか

■introduction

イングランド銀行(BOE)は10~11日に金融政策委員会(MPC)を開催、政策金利の0.5%での据え置きと11月に2000億ポンドに増枠した中長期国債等の資産買い取り(量的緩和)を継続することを決めた。プレス・リリースでは資産買い入れのための残りの枠を使い切るまでに2カ月を要するとしている。
量的緩和の開始以来、政策変更の決定はすべて四半期に1度の「インフレ報告」の公表月に行われており、次回の政策変更は2月に増枠の停止を決める可能性が高いと思われる。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【12月BOE金融政策委員会:政策金利据え置き、量的緩和を継続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月BOE金融政策委員会:政策金利据え置き、量的緩和を継続のレポート Topへ